ソロ活動♪

  • これからのことの想像をしています。
    想像は自由だから。
    最近のおかあさんといっしょ(Eテレ)には『そうぞう』という象のキャラクターが居て
    ふにゃふにゃの声で、そうぞうは、じゆうだあ〜!って言うんですね。
    そんな刷り込みを経た子たちはどんなふうに育つかな。

    うちではこの番組のこと『おうた』と呼んでいて、だから気づかなかったのですが
    おかあさんといっしょを観るお父さんたちってどんな気持ちなんだろう
    なぜ番組名を改めるのではなく、おとうさんといっしょをBSでやることになったのだろう

    そうぞうは膨らみますねー

    あ、コンサートのこと考えているんだった!

    文化活動に於ける持続性、これは常々考えていて

    ほんの小さなこととかでも、です。

    私達が今日やり続けている方法が
    高度経済成長の時期と同じものの継続なのであれば
    それはすぐにでも方向転換するべきものだと思うの

    例えば、人に会うときに手土産、持っていきますね
    昔だったら、長年使っている漆塗りのお重とか箱に
    おはぎいっぱいこさえて、風呂敷で包んで持ってったりしたんですよね(そうぞう)

    でも、今僕らが楽屋でいただくのは
    日持ちのする、分け合って食べられる、何重にも包まれた焼き菓子とか、
    何重にも包まれた花束とか。。。

    持ってきてくださる方には、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。
    その一つ一つが素晴らしいし、それをあげる人の心には罪ない。焼き菓子にも花にも罪ない。

    でも、おうちに持ち帰って花束たちの包紙を剥がし、工作好きの子供がいない限りは(いや居たとしても最終的には)ゴミ袋1枚分になったりして
    やっぱり少し胸が痛むのです。

    あと、正直なところ、差し入れをいただく方と、手ぶらでコンサートにきてくださる方への感謝の気持ちに、違いが出てくるかと言われれば…

    私は、同じです。

    音楽をシェアすること、その時間、空間、それこそが、それだけが、コンサートの本質的な価値ですよね。

    だからこそ、そこに華を添えるのであれば、
    コンサート当日に、みんなが見られるようにロビーに1輪挿の花瓶を並べて
    野草でも 葉っぱでも そこに挿す
    そんなのどうかな

    あ、コンサートの内容を考えているんだった
    どんどん逸れます

    皆さんどんなふうに考えていらっしゃるのだろう
    ぜひ教えていただけたら嬉しいです

    • 陰様で、ハウス食品グループ ファミリーコンサート全国5公演を、無事に終えることが出来ました。
      ご来場くださった沢山のお客様、子供達、なんでも受け入れてくださった指揮の竹本泰造さん、優しく力強いサポート力の司会の原田知恵さん、キャストとスタッフの皆様に、心より御礼申し上げます。

      そして、大阪では日本センチュリー交響楽団、東京では東京フィルハーモニー交響楽団、熊本で九州交響楽団、仙台で仙台フィルハーモニー管弦楽団、郡山で山形交響楽団の皆様にお世話になりました。オーケストラが、各地、各団にていかに違った佇まい、姿勢、音色、タイミングを持っているかを体感し、全ての団の皆さんが真摯に子供達の未来を思って演奏されている姿に、心の底から共感し、共演をすることが出来ました。

      コンサートは大きく分けて2つ。前半はオーケストラのみで、私はその中の『ヴィヴァルディ四季 春 1楽章』と、『パガニーニ 協奏曲2番3楽章 ラ・カンパネッラ』を、トークを挟みながら演奏しました。
      春では鳥の鳴き声が聞こえるので、その延長でいろんな鳥の鳴き声の真似や、音当てクイズ(ウグイス、牛、踏切+電車など)ヴァイオリンで『こんにちは』って聞こえたらお返事してねー!と言って、音程だけでこんにちはと弾いてみたりし、私自身とても楽しんでしまいました。
      後半は制作の皆さん渾身の映像付き生演奏。毎年、どの映像に何の曲を組み合わせるかをトコトン悩まれるそうです!子供達の笑い声が嬉しいひとときでした。

      各地で、地元の温かい方や、神社やお城を囲む大自然に触れたりも出来て、日本の魅力をさらに知ることが出来たことにも感謝して居ます。
      5つのオーケストラとラ・カンパネラを弾けたこと含め、皆さんとのこの経験にひと回りもふたまわりも育てて頂けたように思います。
      これを糧に、もっともっと子供も大人も楽しい😆音楽をいっぱい共有していけるよう、頑張ってまいります🎶

      またみなさんにお会いできること、楽しみにして居ます😍
      各地の皆様、本当にありがとうございました❣️❣️